奇妙な和製英語の世界へ » アーカイブ

ノーカット(no cut)は和製英語?

uncut

 

英語の勉強に映画を利用している人は多いのではないでしょうか。

 

最新の英語表現が学べますし、テキストを見て覚えた英語表現も、実際に使われているシーンを観ることによって頭の中に定着しやすくなるという効果が期待できるように思います。

 

また、発音や英語のリズムなども一緒に学べますので、そういう意味でも英語学習者にとって、映画鑑賞は、よい教材だと言ってもいいでしょう。

 

英語学習に限らず、映画を好きな人は多く、劇場やレンタル、テレビでも放送されており、私達にとって身近な娯楽のひとつでもあると思います。

 

ところで、映画に関する表現にノーカットという言葉がありますね。

 

テレビで放送する場合に時間の都合でいくつかのシーンがカットされるなど、何らかの都合によって、削除されたシーンがないもののことですが、しかし

 

カット(削除)がないということで、no(~が、のない)+cut(削除)=no cut(ノーカット)という成り立ちだと思いますが、これは和製英語です。

 

ノーカットのことを英語では、こう言います。

 

(形)uncut [否定を意味する接頭辞のun+cut]

【例】

uncut movie 削除されたシーンのない映画
uncut interview 削除されたシーンのないインタビュー

 

 

 

まとめ

 

和製英語ノーカット(no cut)
意味削除されたシーンのない映画
英語では(形)uncut

 

映画に関連する英語

 

字幕subtitle※通常は複数形の subtitles を使用する。
映画館(米)movie theater
(英)cinema
予告編trailer
主役leading actor(男優)leading actress(女優)もしくは、単に lead
監督director
カチンコclapperboard

 

映画のジャンルを英語では?

 

みなさんは、どんな映画が好きですか?

恋愛ものでうっとり?SFで近未来を体験?それともコメディーで、ストレス解消?

 

一口に映画と言っても、実に様々なジャンルのものがありますよね。

 

そこで、いろいろある映画のジャンル(genre)を英語ではどのように表現するのかみてみましょう。

 

Action格闘シーンや肉体を駆使したシーンが見せ所のアクションもの
Adventure危険や困難を顧みず、果敢に未開の地や秘境を探検するもので、冒険ものともいう
Art film前衛的なものや実験的なもので、日本ではアート系と呼ばれたりする
Comedyユーモアと笑いをテーマにし、ドタバタ喜劇から多少シリアスなものを含むものまである
Crimeギャングやマフィア、その他の犯罪をテーマとしたもの
Family film家族向けの動物との触れ合いや童話、空想の世界などを描いたもの
Horror怪物や幽霊、化け物などが登場し、人間を恐怖に陥れたり、闘ったりする
Romance男女、もしくはその他の恋愛をテーマに心の機微を描いたもの
Sportsアメリカンフットボールやバスケットボールなどのスポーツ全般に関連したもの
Science Fiction(Sci-Fi)現実には存在しない科学技術が現在よりも発達した世界を描いたもので、日本での略称SFと違っている点に注意する必要がある
War戦争や紛争、そして、政治と人間などの関係を描いたもの
Western主に1800年代のアメリカ西部を舞台にしたもので、日本で西部劇呼ばれるもの

 

実は、もっとジャンルを細分化することが出来るのですが、それだとキリがないので、主だったものに絞ってみました。

 

映画で、生き生きとした英語表現を学べば、英語で会話するのが楽しくなると思いますよ。

 

最近の投稿
カテゴリー