奇妙な和製英語の世界へ » アーカイブ

ブラインドタッチ(blind touch)は和製英語?

touchtypig

 

ブラインドタッチというと、パソコンで文章やデータを入力する時、キーボードを見ないでキーを打つことですね。

 

画面を見ないで、ディスプレイを見つめながら、カタカタとキーを素早く打ってると、それだけでも、ちょっと仕事の出来る人に見えてしまったりしますよね(笑)。

 

そんな仕事のできる人に見せてしまう効果のあるブラインドタッチですが、

blind(盲目から転じて、見ないで?) + touch(打つ、打つこと)=blind touch

でブラインドタッチになったのだと思いますが、これは和製英語です。

 

(名)touch-typing といいます。

 

余談ですが、タッチタイピングが出来ると、書類を作成する時なんかに、いちいちキーボードを見なくて済むので疲れが軽減されていいですよ。

 

首の上げ下げや視線の移動が頻繁だと、首や肩、目がかなり疲れますからね。

 

普段、仕事である程度、入力作業をする人は、仕事の効率を上げる為、そして、健康の為にもタッチタイピングを覚えておいた方がいいのではないかと思います。

 

まだ出来ない人でも、最初はもどかしくてイライラするかもしれませんが、ちょっと練習すれば誰でもすぐ出来るようになるので、まだの人は是非覚えてくださいね。

 

飽きずにタッチタイピングの練習ができるように工夫されたゲームも市販されていますし、インターネット上に、無料でも十分に使えるソフトがたくさんありますので、そういったものを活用して、タッチタイピングを覚えるのもいいかと思います。

 

まとめ

和製英語ブラインドタッチ (blind touch)
意味キーボードを見ないで打つこと
英語では(名)touch-typing

 

キーボードに関する英語表現

qwertyキーボードの種類(左上に並んでいる文字から)
muscle memory筋肉の記憶(タッチタイピングができるのは、指の筋肉が動きを覚えているからだそうです)
home rowホームポジション(タッチタイピングをする時に指を置く基本となる場所。
Fに左手人差し指、Jに右手人差し指を乗せ、残りの指をその列の横にそれぞれ置く)
(the sense of) sight視覚

 

キーボードの(key board)歴史ここに文章を書く

 

キーボードの文字配列は、ほぼ世界共通となっており、文字の配列から qwerty keyboard と呼ばれています。(世界共通というのは、アルファベットの並びに関しての話ですが。)

 

ですから、海外に行った時でも、友人に電子メールを打つ時に文字の配列で悩むことなく、日本でキーボードを打つときと同じように文章を打つことができるのです。

 

しかし、今でこそ統一されていますが、その昔、まだパソコンもない時代の話ですが、何種類かのキーボードが存在していました。

 

昔というのは、ワープロの時代よりももっと以前のタイプライターの時代の話です。

 

そして、それらの中で次第に使われるものが絞られて、現在に至るわけですが、どうしてqwety が残ったのか?それには、理由があるのです。昔、文章をタイプライターで打つという職業があり、タイピストと呼ばれる人が、その仕事をしていました。

 

タイピストになる為には、タイピストの養成学校に通い、タイピングを学ぶ必要がありました。

 

そのタイピングの養成学校で、qwety が使われるようになった為、結局、qwetyが勝ち残ったということだそうです。

 

ちなみにqwerty が誕生したのは、1870年代中頃だと言われています。現在、私達が使っているキーボードが、百数十年以上も前に誕生したものだなんて考えると、感慨深いものがありますよね。

最近の投稿
カテゴリー