奇妙な和製英語の世界へ » アーカイブ

フリーマーケット(free market)は和製英語?

fleamarket

 

フリーマーケットというと、土日や祝祭日に公園や空き地などで、家で不用品となったものを売買する市のことで、いわゆる蚤の市というやつですね。

 

最近の環境保護運動の流れもあり、また比較的気軽に参加できることもあって、すっかり定着した感があります。

 

思わぬ掘り出し物があったり、出店者とのやりとりを楽しみに出向かれる方も多いのではないかと思います。

 

このフリーマーケットですが、カタカナで書く分には問題ないのですが、英語表記になった時に、フリーの部分が発音が似ており、また日本人にとって馴染みのあるfreeを使用したfree marketとなっている場合が、しばしば見受けられます。

 

先にお話したようにフリーマーケットとは蚤の市のことであり、正確にはこうです。

 

(名)flea(蚤)+ (名)market(市、市場)= (名)flea market

 

フリーは、 free ではなく、flea の方なんですね。

 

この意味において、フリーマーケットは和製英語であるということで採り上げてみました。

今回は、口で言う場合には英語なんだけど、書くと和製英語になるというケースでした。

 

まとめ

 

和製英語フリーマーケット(free market)
意味家で不用になった物を公園などで売買する市
英語では(名) flea market

 

フリーマーケット(flea market)に関連する英語

 

swap meet交換会
garage sale家のガレージで、不要になった物を売ること。
yard sale家の庭で、不要になった物を売ること。
car`s boot/trunk(米)車に不要になった物を乗せた人々が集まり、それらを売ること。
car boot sales(英)上に同じ
give-away shop/freeshops/free store日本リサイクルショップのような体裁をとっており、そこへ人々が不要になった物を持ち寄る。ただし、shop や store という名前が付いてはいるものの、それらの物品は無料。運営は全てボランティアで行われる。

 

蚤の市(flea market)の起源(origin)は?

 

上に書いたように、フリーマーケット以外にも家で不要になったものを売るという習慣が、いろんな形態であり、一般の人にとって身近なものとして存在しているといえます。

 

蚤の市の始まりは、パリ郊外の広場からだそうです。

ところで、どうして蚤の市という名前になったのか不思議に思いませんか?

 

「蚤」と「市」がどう繋がったんでしょうね。

 

ということで、ちょっと調べてみたのですが、なぜ蚤の市と呼ぶのかという答えは見つけられませんでした・・・

 

蚤のように品物が人の間を移るからだとか、蚤のようにあちらこちらから人や物が湧いてくるからなどの諸説があって、はっきりとした由来は分かっていないようです。

 

最近の投稿
カテゴリー