奇妙な和製英語の世界へ » アーカイブ

クラシック(classic)は和製英語?

classicalmusic

 

今回の和製英語は、ちょっとややこしいかもしれません。

 

クラシックというと、指揮者が指揮をして、オーケストラが演奏する西洋の音楽を思い浮かべるのではないかと思いますが、これは和製英語です。

 

クラシックのことを英語では、こう言います。

 

(名)classical music

 

実は、classicと classical はどちらも形容詞で、どちらも似たような意味を持つ言葉なのですが、classical music が正しい英語なのです。(これについては、改めて後で述べます。)

 

どうして、classicになったのかについては、classical がいつの間にか省略されて、classic(クラシック)になったのではないかと推量するのですが、どうなんでしょう?

 

もし、そうだとしたら、元々の正しい言葉が時間を経ていくうちに省略されていく、典型的な和製英語のパターンの1つですね。

 

頭がこんがらがったら、クラシカルミュージックで気分転換しましょ。

 

まとめ

 

和製英語クラシック(classic)
意味クラシック(classic)
英語では(名)classical music

 

クラシックに関連する英語

 

Conductor指揮者
symphony交響曲
woodwind木管楽器
fluteフルート
concertoコンチェルト
timpaniティンパニー
oboeオーボエ

 

クラシック(classic)とクラシカル(classical)の違い

 

クラシック音楽というのを厳密に見ると、バロック音楽やロマン派音楽などと並ぶ一つのスタイルである古典派音楽のことです。

 

ですが、一般的には、オーケストラで演奏するような古典的な西洋音楽全般に対してクラシック音楽としているのが現状ではないかと思います。

 

ポピュラー音楽に対してのクラシック音楽とでもいうのでしょうか。

 

海外の辞書を見ると、おおよそ日本で一般に認識されているような内容のことが書かれています。

 

だったら、classic music でもいいような気がするんですが、どうなんでしょうか。

 

その点については、もしかしたら、古典派音楽という意味での classical music というものがあったので、古典的な音楽という、違った意味の音楽に対してもこの言葉が使われるようになったということはないでしょうか。

 

これは、勝手な推量ですが。

最近の投稿
カテゴリー