奇妙な和製英語の世界へ » さ行の和製英語 » 

サイダー(cider)は和製英語?

sodapop

 

口に中でシュワーっとする感覚がとても心地いい清涼飲料水といえば・・・

もちろん!みんな大好きなサイダーのことですね。

 

特に夏場の暑い時期、汗をかいた後なんて特においしいですよね。

あの爽快感がたまりません。

 

いやいや、それよりもビールだという人もいらっしゃるかもしれませんが(笑)。

 

さて、このおいしいサイダーですが・・・

このサイダー cider という言葉自体は、もちろん英語なんですが、ただ、日本では、本来のサイダーとは違った意味で使われているので和製英語としました。

 

日本で一般にイメージされるサイダーのことを英語では、こう言います。

(名)soda pop といいます。

popとは、 動詞-ポンと音をたててはじける/名詞-ポンと音をたてることやその音という意味です。

 

英語でciderって、どんな意味?

先に述べましたように、サイダー(cider)という言葉自体は英語にもあります。

が、しかし、日本で使われているような意味ではないということなのですが、では、英語では一体どのような意味なのでしょうか。

 

アメリカとイギリスで違うのですが、以下のようになります。

 

    • アメリカ  炭酸入りのりんごジュースで、地域によっては、りんご酒(主に炭酸の入った)のことをいいます。

      ちなみにアメリカでは、りんご酒のことを hard cider といいます。 

       

    • イギリス  りんご酒(主に炭酸の入った)。 これに関連するものとして、シードルという言葉を聞いたことがある人もいるかと思いますが、こちらは、フランス産のりんご酒のことです。

 

まとめ

和製英語サイダー(cider)
意味炭酸に砂糖などを入れた清涼飲料水
英語では(名)soda pop

 

英語圏におけるソフトドリンク

日本でもソフトドリンクという言葉がよく使われています。

 

その意味は、アルコールの入っていない飲み物ということで、英語圏でも同様の意味なのですが、日本の場合とは少し違っています。

 

それは、日本では、アルコールの入っていない飲料以外の全てを指しているのに対して、英語圏では、主に炭酸飲料のことを指している点です。

 

アルコールの入っていない飲み物がソフトドリンクであるならば、アルコールの入っている飲み物は、英語で何というのでしょうか?

 

そうです、ソフトの反意語であるハードが付いたハードドリンク(hard drink)です。

ただ、こちらの方は、英語圏では、そんなには使われていないようです。

 

お酒に関する英語表現

 

お酒が強い、酒豪であるということを表したい時は、Ken is a hard drinker. (ケンは、お酒が強い)となり、 お酒が弱い、あまり飲めないということを表したい時は、Ryo is a light drinker. (リョウは、お酒が弱い)ということなります。

 

他に、non drinker( お酒を飲まない人)、heavy drinker( 大酒飲み hard drinker というより、酒浸り位の感じ)などの英語表現があります。

最近の投稿
カテゴリー